ROASTERS

ロースターのご紹介

RUFOUS COFFEE

RUFOUS COFFEE

台湾のスペシャルティコーヒー文化を牽引

台湾 -台北

Overview

多くの学校が密集する大安区に、台湾のスペシャルティコーヒーのパイオニア的存在のカフェがある。駅から出て大通り沿いを数分歩くと、ひときわ洗練された印象を受ける外観と、たくさんの人が店内でくつろぐ景色が目の前に現れる。
木目調のフレームが特徴的な扉を開けると、まさに異空間。エスプレッソマシンやコーヒー器具が並ぶカウンターの後ろには、世界中の絵ハガキが並べられている。聞くと、留学生のお客さんが多いことから、世界各国から手紙が届くとのこと。
Wifi環境も配備されているため、木製のカウンターでデスクワークをする人や、スイーツと一緒に本格派コーヒーを味わいながら話に花を咲かせる人たちが、快適なソファとテーブルで心地良さげに過ごしている。

Overview

Philosophy

2007年に開業したRufous Coffeeのオーナー小楊(シャオ・ヤン)さんは、自ら店頭に立ち、一杯一杯丁寧にコーヒーを淹れ、上質な時間を作り出す。
「美味しいエスプレッソの色は赤茶なので、お店の名前にはRufous(赤茶色)という言葉を採用しています。」
そう語る小楊さんは、毎日ひたむきに店頭でコーヒーに向き合っている。

Philosophy

Coffee

彼らは、表現したい味によって抽出手段を変えており、今はハンドドリップのみで提供している。商品は、オリジナルのハウスブレンドやこだわりのシングルオリジン。台湾のスペシャルティコーヒーを学ぶことができるお店。

Coffee
一覧へ戻る
order